女優@女子アナ速報

女優@女子アナ速報は、主にテレビ局の女子アナ・フリーアナウンサー・若手女優・ベテラン女優などの
専門まとめサイトです。2ch(5ch)・Twitterで話題になっている事をアップしていきます。たまにキャプ画像や美女に関するニュースも上げています。

    石原さとみさん


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年〈昭和61年〉12月24日 - )は、日本の女優。東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーディション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であ
    74キロバイト (8,878 語) - 2020年5月30日 (土) 11:16



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    さすがに先輩が勝ちとるかな?

    1 ひかり ★ :2020/06/04(Thu) 07:30:25 ID:Bx6itVyk9.net

     緊急事態宣言が解除され、テレビドラマの撮影が徐々に再開している。しかし、話は単純ではないようだ。

    「もともと各テレビ局は、東京五輪があるため、7月スタートの夏ドラマの苦戦を予想していました。そこで夏ドラマは話数を減らし、その一方で春ドラマに力のある作品を揃え、話数を増やして臨んだ局もありました」(テレビ局関係者)
     春の大作として用意されていたのは、『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)、『SUITS2』(フジテレビ系)、『半沢直樹2』(TBS系)、そして『BG~身辺警護人~2』(テレビ朝日系)だ。ところが五輪は延期され、
    春ドラマの撮影スケジュールは新型コロナの影響で、大幅に延期。いまだ放送が始まっていないドラマも多い。
    「基本対応としては、春ドラマの話数を大幅に減らし、夏ドラマの話数を少し減らし、秋からは通常通りに放送するというのが筋でしょう。ただ、力が入った大作は話数を減らさずに放送したいというのが局のホンネ。夏ドラマが大幅に話数を削られたり、
    最悪の場合、放送が見送られるドラマもあるそうです」(前出・テレビ局関係者)
     こうした再調整が、ある一面を際立たせることになったと話すのは、ある民放テレビ局の編成スタッフだ。
    「優先されるドラマ、後回しされるドラマが浮き彫りになりました。スケジュールの都合もあるでしょうが、出演者の格も大きな要因となります。今回のコロナショックで、図らずも“女優の序列”がバレてしまったといいますか…異例のことです」
     本誌・女性セブンは現段階で予定されている各局のドラマスケジュールを入手。そこからは視聴率最優先の超シビアな調整の結果が透けて見える。誰が優先され、誰が割を食ったのだろうか。
     この春、フジテレビでは木曜22時に石原さとみ(33才)主演の『アンサング・シンデレラ』を放送するはずだった。「同枠では7月からは関ジャニ∞の大倉忠義さん(35才)主演の韓国ドラマのリメーク、10月からは深田恭子さん(37才)が
    主演の続編ドラマ『ルパンの娘2』を予定しています。ただ、深田さんと石原さんをめぐって非常に微妙なことになっている」(フジテレビ関係者)

     同じ事務所の先輩後輩であり、ともに女性から人気が高い石原と深田。ほぼ同じ時期に交際が報じられたかと思えば、どちらも相手が若手経営者という点も共通していた。2人は昨年夏、主演ドラマが同クールに放送され、直接対決を果たしている。
    「深田さんの『ルパンの娘』(フジテレビ系)と石原さんの『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系)との勝負でした。平均視聴率で軍配が上がったのは石原さんでしたが、大胆な衣装など話題性が高かったのは深田さんでした」(テレビ誌記者)
     甲乙つけがたい2人だが、今回のコロナショックでは深田優先で再調整が進められているという。
    「石原さんの『アンサング・シンデレラ』の放送時期は未定に、深田さんの『ルパンの娘2』は予定通りにという結論になりそう。石原さんのドラマは病院が舞台なだけに、ここ数か月で激変した状況が描かれていないと視聴者が白けないかと
    心配しているという表向きの理由もありますし、『ルパン~』はこの先に映画化も予定されている事情もありそうです。が、実際は最近の石原さん人気も関係しているでしょうね。シビアな話です」(前出・テレビ局関係者)
    ※女性セブン2020年6月18日号

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5dd0d0d802c3497ab606fdab9f2ce030e4e7567e?page=1
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5dd0d0d802c3497ab606fdab9f2ce030e4e7567e?page=2


    (出典 miniminimiutat.com)



    (出典 sasakinozomi-ouen.pink)



    (出典 www.crank-in.net)


    【【ホリプロ】深田恭子と石原さとみ…ドラマ枠の優先度でバチバチwwww】の続きを読む






    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーディション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列
    74キロバイト (8,875 語) - 2020年4月7日 (火) 23:18



    (出典 joy-music.jp)


    声の日なんてあるんだ!笑

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/08(金) 23:28:55 ID:GpX5Yh+R9.net

    5月8日の「声の日」にちなみ、音声合成技術を使って声のプラットフォームを展開する「コエステ」(代表:加藤信介)は、
    10~50代の男女1000人に声が好きな有名人についてアンケート調査を実施。男女別のランキングを発表した。

    男性部門は、2019年に続いて福山雅治が1位を獲得(得票数43)。「低くてセクシー」、「落ち着く」「本能があの声を求める」といった声が寄せられた。
    また、2位は36票の麒麟の川島明(36票)、3位は竹野内豊(33票)がランクインし、ともに「低音が好き」、「渋い」という理由が多かったという。また、10代と20代で1位となるも、
    総合で4位となったのは中村倫也、そして、佐藤健、玉木宏、菅田将暉、神谷浩史、森本レオ、阿部寛と続く結果に。

    票が割れた女性部門では、「かわいい」「ハキハキと聞き取りやすい」という石原さとみが1位を獲得(18票)。
    2位に新垣結衣(16票)、3位に天海祐希(14票)と続き、女性部門でも「声が低くていい」という回答が多く寄せられた。
    以下、4位には綾瀬はるか、5位に花澤香菜、6位に深田恭子&上白石萌音、
    8位に宇多田ヒカル&吉岡里帆、10位に佐倉綾音&橋本環奈&杏が同票というランキングとなった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e47acdd182a09150c3e6f4badb920569098225da
    5/8(金) 21:00配信



    (出典 i0.wp.com)



    (出典 Youtube)

    橋本環奈(Kanna Hashimoto) インスタライブ 2020-05-04


    (出典 www.biteki.com)



    (出典 pbs.twimg.com)


    【【声の日】石原さとみ、声が好きな有名人ランキング1位に!】の続きを読む


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーディション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列
    74キロバイト (8,875 語) - 2020年4月7日 (火) 23:18



    (出典 pbs.twimg.com)


    そんな時もあったのか

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/04/09(Thu) 02:15:05 ID:RfW9OnKe9.net

    女優の石原さとみ(33)が8日、フジテレビ系の「TOKIOカケル」(水曜午後11・00)に出演、過去の挫折を明かした。

    番組の中で、街の人に「石原さとみは○○しなさそう」ということを聞くコーナーがあり、そこで「人生で挫折したことがなさそう」と言われると「あります。もちろん」と語り、
    「お仕事がなくなったことがあります」と明かした。「21歳の頃、主演作品がなくなったり、CMが0本になったり、雑誌のレギュラーが8社あったのが全部なくなったり、
    ラジオのレギュラー5年間やっていたんですけど、それが一気に同じタイミングでなくなった」と語った。国分太一から「それ、焦りました?」と聞かれると「毎日泣いていました。どうしていいか分からなくて、すごい苦しかった」と振り返った。

    その時に「さとみは休んだ方がいい」と言われ、初めて1週間以上の休みをもらいニューヨークへ1人旅をしたことで「それで変わりました。好きなことをしようと思って。
    1人だから、何を食べたい、どこへ行く、何のネイルを塗るとか、全部自分で決める、というのを初めてして、そこから人生ずっと楽しいんです。強くなりました」と笑った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18092264/
    2020年4月9日 0時35分 スポニチアネックス


    (出典 asagei.biz)



    (出典 johotu.info)



    (出典 irohanihohoho.com)


    【【悲報】石原さとみ、仕事が無くなった過去を明かす・・・】の続きを読む


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーディション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列
    74キロバイト (8,875 語) - 2020年4月7日 (火) 23:18



    (出典 mamerog.com)


    再放送祭りでいいと思うwwww

    1 ひかり ★ :2020/04/07(火) 10:56:01.41 ID:3So9TtgL9.net

     フジテレビは7日、新型コロナウイルス感染拡大に最大限の配慮をするべく当面の間、連続ドラマの撮影を休止すること決定した。撮影スケジュールに多大な影響が出たことから、
    今月9日スタート予定だった石原さとみ主演の連続ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の放送日が未定となった。

     同作は、日本の連ドラ史上初となる病院薬剤師が主人公。石原演じる萬津総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどりが、患者の“当たり前の日常”を守るために奮闘する姿を描いていく。
    放送日が決定するまでは、2018年7月機に放送された山崎賢人主演の『グッド・ドクター』を再放送する。

     また、“月9”の『SUITS/スーツ2』は、現状予定通り13日から放送予定となっている。

    オリコン

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200407-00000318-oric-ent


    (出典 i.bb-navi.com)



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    (出典 latennokaze.com)


    【【コロナ影響】石原さとみ主演の医療ドラマ放送延期・・・】の続きを読む


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーディション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列
    74キロバイト (8,875 語) - 2020年4月7日 (火) 23:18



    (出典 www.biteki.com)


    横領かな。何か裏がありそう。

    1 影のたけし軍団ρ ★ :2020/04/08(水) 16:06:02.68 ID:GgIL1Vel9.net

    昨年末に刊行され、60万部を突破する大ベストセラーとなった田中みな実の写真集「Sincerely yours...」(宝島社)。
    同書の編集を担当したK氏が、石原さとみに関連する金銭トラブルを起こし、所属する宝島社を解雇処分となったことが「週刊文春」の取材でわかった。

    「ヌード写真集でないにもかかわらず、この部数は異例の数字です。
    スタイル抜群の田中をめぐっては数年前から多くの出版社がアプローチしていたが、
    彼女は頑なに応じなかった。そんな彼女を2年がかりで口説き落とし、出版にこぎつけたのがK氏なのです」(宝島社関係者)

    現在37歳のK氏は、アンミカの書籍や元NGT48の山口真帆の写真集を手掛けるなど、ヒットメーカーとして知られる存在だ。
    2017年に発売され、累計15万部を記録した石原さとみの写真集「encourage」の担当編集者でもある。

    今回トラブルになったのは、他でもない石原の写真集に関するものだった。

    「今年に入って石原さんの写真集の印税に、未払い分があることが発覚した。
    これにホリプロが大激怒。宝島社に対して、強硬に抗議したのです。それを受けて宝島社の局長がホリプロへ謝罪に訪れています。
    ただK氏本人は、『未払いは全く身に覚えがない。きっちり支払っている』と周囲に説明しています」(同前)

    この印税未払いトラブルによって宝島社の雑誌作りにも多大な影響が出ている。

    「3月27日に発売予定だった『リンネル』、3月23日発売予定の『SPRiNG』の2冊が突如、発売延期となりました。
    というのも、この2冊は石原さんが表紙を飾る予定だったのですが、ホリプロから降板する旨の連絡があったのです。
    すでに石原さんの写真撮影を終え、見本もできていたが、表紙を差し替えることに。

    結局、『リンネル』は4月13日、『SPRiNG』は4月22日に発売となりました」(同前)

    事態収拾のため、宝島社がK氏に下したのは解雇という重い処分だった。
    小誌の取材に、宝島社の蓮見清一社長は「(K氏は)解雇です」と認めた。改めて同社に取材を申し込むと、トラブルの事実も認めた。

    「印税の未払いという弊社の不手際により、ホリプロ様にご迷惑をおかけし、大変申し訳なく思っています。
    ホリプロ様からは一定のご理解をいただき解決しております」

    K氏の携帯を鳴らすと「(解雇は)事実です。突然のことでただただ困惑し、絶望しています」と答え、電話は切られた。
    一方のホリプロは「回答を差し控えます」とコメントした。

    4月9日(木)発売の「週刊文春」では、K氏と石原サイドの金銭トラブルの発端となった会食や、
    田中みな実とK氏の関係についても詳報する。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200408-00037115-bunshun-ent


    (出典 images.merumo.ne.jp)



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 angoraphoto.com)


    【【驚愕】石原さとみ写真集の印税が未払いで有名編集長が解雇・・】の続きを読む

    このページのトップヘ