女優@女子アナ速報

女優@女子アナ速報は、主にテレビ局の女子アナ・フリーアナウンサー・若手女優・ベテラン女優などの
専門まとめサイトです。2ch(5ch)・Twitterで話題になっている事をアップしていきます。たまにキャプ画像や美女に関するニュースも上げています。

    上戸彩さん


    上戸 (うえと あや、1985年9月14日 - )は、日本の女優、歌手。東京都練馬区出身。オスカープロモーション所属。夫はEXILEのHIROで2児の母。 1997年、小学6年の時にオスカープロモーション主催「第7回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞。
    36キロバイト (4,313 語) - 2020年4月3日 (金) 02:08



    (出典 usaponn.com)


    可能性はじゅうぶんある

    1 臼羅昆布 ★ :2020/04/03(金) 22:21:55 ID:cw3+qwy49.net

    2020年04月03日 21時15分
    http://npn.co.jp/article/detail/200002838

    女優・上戸彩が、デビュー以来所属してきた大手事務所オスカープロモーションを、先輩である
    米倉涼子に続き“連鎖退社”する可能性が浮上しているようだ。
    「オスカーを巡っては最近、忽那汐里、岡田結実、ヨンアが次々と退社。ついには 3月31日付で
     トップ女優である米倉までが退社し、個人事務所で活動すると発表して激震が走りました。
     それに伴い、米倉を姉貴分として慕い、米倉と並ぶツートップだった上戸も近日中に電撃退社
     するのではと囁かれています」(芸能プロ関係者)
    米倉を含む退社続出については、同社幹部によるパワハラ的言動で、社員の退社が相次いだ
    ことによる混乱が原因だと一部では報じられている。
    また創業者のカリスマ社長・古賀誠一氏が4月1日付で会長になり、社長職から退くタイミングも重なった。
    「上戸は1997年、オスカー主催の『全日本国民的美少女コンテスト』で入賞して芸能界入り。
     米倉とともに事務所を支えてきましたが、2012年9月に『EXILE』HIROと結婚して以降、“米倉さんが
     辞めたり体制が変わったら私も退社するかも”などと周囲にニオわせてきました。今回、社長が
     変わり、米倉も独立したことで決断した可能性がかなりあります」(同・関係者)
    考えられるタイミングは6月だという。上戸はTBSが社運をかけて放送する堺雅人主演のドラマ
    『半沢直樹』へ、第1弾に続いて出演するからだ。
    「『半沢』は第1弾が大ヒットした極めて重要な作品なので、終了まで自身のことで騒がせるのはNG。
     そのため、放送が終了する6月末ごろに退社を発表するのではという見方が高まっています。
     独立後は個人事務所を作るか、夫HIROが社長を務める芸能事務所と業務提携して活動すると
     いった可能性が高いようです」(芸能記者)


    (出典 npn.co.jp)

    上戸彩


    (出典 contents.oricon.co.jp)



    (出典 www.crank-in.net)


    【【オスカー】上戸彩も事務所退社か・・・】の続きを読む


    上戸 (うえと あや、1985年9月14日 - )は、日本の女優、歌手。東京都練馬区出身。オスカープロモーション所属。夫はEXILEのHIROで2児の母。 1997年、小学6年の時に「第7回全日本国民的美少女コンテスト」で審査員特別賞を受賞。 1999年、4人組グループZ-1としてデビュー。
    36キロバイト (4,284 語) - 2020年2月26日 (水) 05:10



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    半沢直樹楽しみ!!

    1 Egg ★ :2020/02/26(水) 07:20:24 ID:qzfw848B9.net

    「今回は、劇中の「奥様会」のような世界を、よりリアルなものに感じながら、花を演じられるのではないかと思います」(上戸彩)
    TBSで4月にスタートする日曜劇場『半沢直樹』。前作と同じく池井戸潤の『半沢直樹』シリーズから「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」(ダイヤモンド社/講談社文庫)を原作としている。


    主人公の半沢直樹(はんざわ・なおき)を演じるのは、前作に引き続き堺雅人。前作では「やられたらやり返す。倍返しだ!」の決めゼリフが社会現象になるほどの熱演を見せた堺。その後もNHK大河ドラマ『真田丸』(2016年)で主演を務めたほか、ドラマや映画、CMなど様々なジャンルで活躍している。そんな堺が扮する半沢が、平成から令和に変わった、あらたなフィールドに満を持して帰ってくる。

    そして堺に続き、前作に登場した半沢の妻役で、上戸彩の続編への出演が決定した。

    上戸が演じるのは、前作同様、不正を働く個人の謀略、理不尽な組織の理屈と真っ向からぶつかり合う半沢を献身的に支える、夫思いの妻・半沢花(はんざわ・はな)。閉鎖的・封建的な男社会の中で繰り広げられる激しい戦いを描いた前作で、時に優しく、時に厳しく夫を励ます彼女の存在と視点は、作品にとってとても貴重であり欠かせない存在であった。そして、弁の立つ半沢が“唯一かなわない相手”でもあり、半沢に対して口うるさく言うこともあるが、その明るさは彼の救いにもなっていた。

    また、愛する夫の力になろうと、半沢の敵である浅野支店長(石丸幹二)の妻・利恵(中島ひろ子)らが開く「奥様会」に、本心では苦手と思いながらも参加し情報収集に奔走。さらにアルバイトを始めて、夫に新しいカバンをプレゼントするなど、懸命なサポートに胸を打たれた視聴者も多かっただろう。今回の続編でも、彼女がどのようにして夫を支え、存在感を発揮するのか大いに期待がかかる。

    前作から今作までの間に2児の出産を経た上戸。女優として、そして母として、彼女が見せるあらたな表情にも注目だ。

    【STORY】
    「半沢直樹、東京セントラル証券への出向を命ずる――」

    東京中央銀行のバンカー・半沢直樹が、銀行内で行われていた数々の不正を明らかにするも、まさかの子会社への出向を命じられるという衝撃の展開で最終回を終えた前作。今作では、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。

    あるとき、東京セントラル証券に大型案件が舞い込む。それは、ある大手IT企業による敵対的買収で、株式取得に掛かる費用はなんと1,500億円以上。東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。

    そして、これがあらたな銀行との戦いの始まりになるとは、このときの半沢は知る由もなかった……。

    果たして半沢は、出向先でも次々に発生するトラブルを乗り越え、理不尽な要求を突き付ける相手に「倍返し」できるのか!? 型破りのバンカー、半沢直樹のあらたな伝説が、令和の歴史に刻まれる!

    (C)TBS




    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    (出典 up.gc-img.net)


    【【TBS】半沢直樹の続編に上戸彩が前作に続き出るぞぉぉおwww】の続きを読む

    このページのトップヘ