女優@女子アナ速報

女優@女子アナ速報は、主にテレビ局の女子アナ・フリーアナウンサー・若手女優・ベテラン女優などの
専門まとめサイトです。2ch(5ch)・Twitterで話題になっている事をアップしていきます。たまにキャプ画像や美女に関するニュースも上げています。

    篠原涼子


    ハケンの品格』(ハケンのひんかく)は、2007年1月10日から3月14日まで毎週水曜日22:00 - 22:54(JST)に、日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送された日本テレビドラマ。主演は篠原涼子。 2020年4月15日から13年ぶりに続編が放送される予定であったが、新型コロナウイルス
    84キロバイト (11,575 語) - 2020年6月16日 (火) 11:39



    (出典 www.ntv.co.jp)


    今日放送です!楽しみ!

    1 砂漠のマスカレード ★

    女優の篠原涼子さんが主演する連続ドラマ「ハケンの品格」(日本テレビ系、水曜午後10時)が6月17日に放送をスタートする。

    ドラマは2007年に放送され、篠原さんが膨大な資格とスキルを武器に、腕一本で生き抜くスーパーハケン(派遣)社員、大前春子を演じた同名のヒット作の続編。

    15日には公式サイトでインタビューが公開され、篠原さんは撮影前に髪をカットして13年前の“大前春子ヘア”にしたことなどを語っている。

    篠原さんは「このキャラクターは13年たっても20年たっても変わらないと思うし、それが良さだと思うので、あえて変わらないようにしていこうかと」と今回の放送で、13年前と“変わらぬ姿”を見せるという。

     春子は、前髪をセンター付近で分けたセミロングヘアがトレードマーク。

    「撮影の前に髪を切ったんですけど、これもまさに大前春子の髪形で、見た目もしゃべり方も基本的には変わらないです。
    前回の再放送を見てる感じになっちゃうんじゃないかっていうくらい」と笑い、「演じる上では、変化があるほうがラクだと思うんです。変えないほうが逆に難しいので、そこはチャレンジでもありますね」と話している。

     また「すごく早口なので、また頑張らなきゃいけない。自分で早口にしちゃったので、なんであんなことしちゃったんだろう……と思っています」と振り返って苦笑い。

     今回も春子の唯一の趣味であるフラメンコを踊るシーンがあり、「レッスンも楽しみですね。13年の間にスペインに行ったりしているので、スペイン語についても前回よりもネーティブに近い言い方にしてみたり、そういう部分も気にしながらやっていけたらいいなと思っています」と語っている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8c5dab3e29ae8a9c4311b02e3fddeea1d0b46fc0
    6/17 9:30配信


    (出典 Youtube)

    中島美嘉 『見えない星』Music Vide


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 realsound.jp)



    (出典 www.tvlife.jp)


    【【本日放送】篠原涼子、ハケンの品格で大前春子ヘアに髪をカット!!】の続きを読む





    ハケンの品格』(ハケンのひんかく)は、2007年1月10日から3月14日まで毎週水曜日22:00 - 22:54(JST)に、日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送された日本テレビドラマ。主演は篠原涼子。 2020年4月15日から13年ぶりに続編が放送される予定であったが、新型コロナウイルス
    82キロバイト (11,545 語) - 2020年5月8日 (金) 06:33



    (出典 www.cinemacafe.net)


    早く見たいです('ω')

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/06(水) 06:21:11.89 ID:qkJsXXUb9.net



    「皆さんに『よし! 明日も頑張ろう』と勇気を与えられる作品だと思います」

    そう語るのは、春ドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)で13年ぶりに主人公・大前春子役を演じる篠原涼子(46)だ。

    前作が放送された2007年は、非正規雇用の派遣社員が急増し、社会問題化。大前春子は、そんななかで多種多様なスキルを活かして、一騎当千の活躍をする “スーパーハケン” という役柄。立場的に優位にいる正社員を悔しがらせる場面は爽快そのものだった。

    そんな彼女が今作では、さらに “スキルアップ” して帰ってくる。

    「前作は、正社員に苦言を呈するシーンが多かったですが、今作では同じ派遣社員に、苦言やアドバイスをするようになりました。

    でも、“大前春子らしさ” は相変わらずですよ。とくに大泉洋さんとの掛け合いは、タイムスリップした気持ちになれるかもしれません(笑)」

    13年もの時間があき、同じ役柄を演じることに、心の葛藤もあったという。

    「続編のオファーを受けた当初、正直に言って『いまの私に務まるのかな?』というプレッシャーはありました。

    けれど、脚本の中園ミホさんをはじめ、スタッフの皆さんには全幅の信頼を寄せているので、むしろチャンスだととらえて、出演を決心しましたね」

    多様な働き方がクローズアップされる昨今、俳優の夫をもち、2人の子供を育てる、共働き家庭の篠原だが……。

    「2人で働くことに、とくに工夫はしていません。夫婦生活もずいぶん長いので、目を合わせるだけで、お互いの言いたいことがわかるようになってきました。

    大前春子は残業をしませんが、私も残業ばかりのモーレツ社員より、きちんと帰ってくる男性が好きです。主人もすぐに帰ってくるタイプですね。むしろ『どこかでゆっくりしてきて』と言うぐらい(笑)。皆さんも、早く家に帰って、毎週水曜夜10時に日テレをつけてね!」

    本作は4月15日に初回放送の予定だったが、新型コロナの影響で延期となった。コロナに負けない大前春子を、早く見たい!

    (週刊FLASH 2020年4月28日号)

    https://news.livedoor.com/article/detail/18220854/
    2020年5月6日 6時0分 Smart FLASH


    (出典 img.jisin.jp)



    (出典 www.cinemacafe.net)



    (出典 www.keramosimmagini.net)


    【【ハケンの品格】篠原涼子、「勇気を与えられる作品だと・・・」】の続きを読む


    篠原 涼子(しのはら りょうこ、1973年8月13日 - )は、日本の女優、歌手。群馬県桐生市出身。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。夫は俳優の市村正親。 1989年、雑誌『月刊デ・ビュー』に掲載された現事務所のオーディションに合格し所属。同年10月、ドラマ『高速
    61キロバイト (6,380 語) - 2020年4月14日 (火) 09:46



    (出典 eiga.k-img.com)


    鼻フックとか今じゃ考えられないね

    1 jinjin ★ :2020/04/16(Thu) 00:00:26 ID:RBSg4Cjh9.net

    篠原涼子「ごっつええ感じ」への出演は「宝物」、息子もファン「私が鼻フックとかやっても『面白い』って」


    女優の篠原涼子(46)が15日放送の日本テレビ「1周回って知らない話 春の2時間SP」(後7・56)に出演し、
    体当たりでコントなどに挑戦したフジテレビ「ダウンタウンのごっつええ感じ」(1991~97年放送)の思い出を語った。

    篠原は、歌手・中森明菜(54)に憧れ、14歳で芸能事務所入り。90年にアイドルグループ「東京パフォーマンススドール」のメンバーとして歌手デビューした。
    続いて舞い込んできた仕事が翌91年、「ごっつ」のレギュラー出演だった。事務所はアイドルとして顔を売るいい機会と、とらえていたそうで
    「凄く素晴らしい番組がこれから作られる、凄く人気の芸人さんが出るってお話がかかったみたいで、それでぜひ出させてくださいって」とオファーを受け入れた。

    番組MCの東野幸治(52)も出演しており、「俺、篠原さんとキスしていますから」「アイドルとプロレスするってコントがあって。ガチで俺、天地真理にバックドロップしてましたから」と振り返ると、
    篠原は「昔はそういう時代でしたもんね。(キスは)ごちそう様でした」と頭を下げ、おどけた。


    伝説的お笑い番組で、篠原はダウンタウンの2人ら関西の人気芸人と共演、頭から水をかぶるなど芸人顔負けの激しいコントにも挑み人気を得た。
    「最初はあのしゃべり方とかになじみがなくて、ちょっとビビっていた」と打ち明けるも、「一緒にお仕事をさせていただくと皆さんアツいんですよ。一生懸命『涼子、涼子』って言ってくれて、
    (自分を)面白くさせてくださってって。やめる1年くらい前からどんどんテンションがそっち(芸人寄り)になっていった」と告白した。


    夫で俳優・市村正親(71)との間に誕生した息子2人も「ごっつ」のファンといい、
    「ゲラゲラゲラゲラ笑って、私が鼻フックとかやっても『ハハハ、すごい面白い!』とか言うんですよ」。
    東野から「ごっつええ感じやっていた、女優にプラスになっている?」と問われると、「なっていますよ。それがきっかけとして大きいと思います」とうなずき、「宝物ですよね」と表現した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200415-00000001-maikirei-ent


    (出典 yononakanews.com)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 www.asahicom.jp)


    【【過去】篠原涼子、「ごっつええ感じ」の思い出を明かす】の続きを読む


    篠原 涼子(しのはら りょうこ、1973年8月13日 - )は、日本の女優、歌手。群馬県桐生市出身。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。夫は俳優の市村正親。 1989年、雑誌『月刊デ・ビュー』に掲載された現事務所のオーディションに合格し所属。同年10月、ドラマ『高速
    61キロバイト (6,380 語) - 2020年4月14日 (火) 09:46



    (出典 storage.mainichikirei.jp)


    昔だからできた事だよねwwwwwwww

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/04/14(火) 18:12:23 ID:5WFixDCw9.net

    2020年04月14日 テレビ

     女優の篠原涼子さんが、4月15日放送のバラエティー番組「1周回って知らない話」(日本テレビ系)の2時間スペシャルにゲスト出演する。篠原さんが同番組で司会を務める東野幸治さんと20年以上前に放送されたバラエティー番組「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ系)で共演した際、キスに至った経緯が明かされる。

     篠原さんはオープニングで、東野さんとの共演について「大人になってこうやってちゃんとお会いするの初めてかも」「照れくさい」と笑うと、東野さんも同じく「照れくさい」と笑いながらも、「涼子」と呼んだり、篠原さんの実家に行ったエピソードを語ったりする。

     歌手志望だった篠原さんは、16歳のときにアイドルグループ「東京パフォーマンスドール」のメンバーとしてデビュー。当時から「ソロデビューしたい!」という思いが強かったというが、歌手活動とはほど遠い「ダウンタウンのごっつええ感じ」に出演した当時の心境などを語る。また、東野さんは「俺、篠原さんとキスしてますから」といい、篠原さんとキスに至った真相を語る。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

     https://mantan-web.jp/article/20200414dog00m200037000c.html


    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    (出典 i.ytimg.com)



    (出典 eiga.k-img.com)


    【【悲報】 篠原涼子、20年以上前に東野幸治とキスしたらしいww】の続きを読む


    篠原 涼子(しのはら りょうこ、1973年8月13日 - )は、日本の女優、歌手。群馬県桐生市出身。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。夫は俳優の市村正親。 1989年、雑誌『月刊デ・ビュー』に掲載された現事務所のオーディションに合格し所属。同年10月、ドラマ『高速
    61キロバイト (6,376 語) - 2020年3月30日 (月) 17:39



    (出典 gendai.ismcdn.jp)


    結構変わっているwwww

    1 臼羅昆布 ★ :2020/04/01(水) 22:07:54 ID:9IOYPynR9.net

    2020.04.01 20:41
    https://smart-flash.jp/entame/98256

    女優の篠原涼子が、重度の匂いフェチであることを明かした。
    耳の裏などの匂いが好きであるとし、特に「足の指の間」が一番だと告白。
    「匂いといっても、誰の匂いでもいいわけじゃないですよ」と前置きした上で、「1週間くらい、
     子供が風邪を引いて風呂に入らないでいてほしいくらい好きなんです。できれば、匂いが
     エスカレートしているほうが(好き)」と締めくくっていた。


    篠原涼子


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 www.asahicom.jp)



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    【【悲報】篠原涼子、「足の間のにおいが好き」】の続きを読む

    このページのトップヘ