女優@女子アナ速報

女優@女子アナ速報は、主にテレビ局の女子アナ・フリーアナウンサー・若手女優・ベテラン女優などの
専門まとめサイトです。2ch(5ch)・Twitterで話題になっている事をアップしていきます。たまにキャプ画像や美女に関するニュースも上げています。

    黒島結菜さん


    黒島 結菜(くろしま ゆいな、1997年3月15日 - )は、日本の女優。沖縄県糸満市出身。日本大学芸術学部写真学科中退。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 3人姉妹の長女として生まれる。幼いころは芸能界を目指してはいなかったが、2011年、中学3年生のときに「自己アピール力をつけなさい」との
    54キロバイト (7,128 語) - 2020年6月28日 (日) 12:01



    (出典 p.potaufeu.asahi.com)


    彼氏に作ってあげたのでしょうねwww

    1 少考さん ★ :2020/07/05(日) 08:45:30.50

    <黒島結菜>アップルパイ、チーズケーキ、蒸しパン… ステイホーム中にお菓子作りに挑戦(毎日キレイ) - Yahoo!ニュース:
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1d8664c18ec6715359cbd3e7915909f509cf67b4

    7/5(日) 8:30配信

    女優の黒島結菜さんが出演する動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」のオリジナルドラマ「呪怨:呪いの家」が7月3日から配信されている。ドラマは“呪いの家”にまつわる恐怖を描いた作品で、黒島さんは真相を探ろうとする芯の強い新人タレントのはるか役を演じる。黒島さんにステイホーム期間中の過ごし方や10年後の将来像などについて聞いた。

    ◇ホラー作品に「苦手意識は全然ない」

    もともと「霊やおばけに対して、怖いという気持ちはないです」という黒島さん。ホラー映画を見ることも好きで、「苦手意識は全然ない」という。

    ホラー作品の撮影現場といえば、しばしば“怪奇現象”が起こるといわれることも。今回の現場でも「『この角を曲がったタイミングで絶対に録音機材の調子が悪くなる』ということがあって。『ここになんかいるんだね』と話しながら撮影していました」と打ち明け、「でも、みんな別に怖がることもなく『呪怨』だからしょうがないね、と(笑い)」と楽しそうに振り返る。

    ◇おうち時間で挑戦したことは…

    「呪怨」の撮影は無事終了したが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、予定していた現場が延期になるなどステイホーム期間中は気がかりでもあった。ただ、「今やれることをやろう」と前向きに、普段読めなかった本を読んだり、映画を見たりして過ごしたという。

    また、夜には星を眺めて発見もあった。「地元が沖縄なので、よく空を見て『流れ星だ』とか言っていたんです。でも東京で空を見上げることはほとんどないし、星なんて見えるわけないという先入観があったんですが、ずっと見ていたら、流れ星が見えたんです。1時間ぐらいぼーっと見ていたら、1個見える。2カ月間で四つぐらい流れ星を見て(笑い)、東京でも見えるんだと感動しました」と目を輝かせる。

    ステイホーム期間に「お菓子作り」にも挑戦した。「昼に簡単なご飯を作って、お菓子作りを始めて、夕方に本を読んで、犬の散歩に行って、夜は映画を見る……そういう生活をしていました」と黒島さん。お菓子作りは苦手だったというが、「ちゃんと作ってみたいなと思って、レシピ本を何冊か買って作りました。アップルパイやリンゴケーキ、チーズケーキ、ぜんざい、蒸しパン。どれもおいしくできて、できるもんだな、と思いました」と笑う。

    黒島さんといえば、自撮りをしない、マイペースなインスタグラムも話題だ。改めて写真へのこだわりを聞くと、意外にも「こだわりはあまりなくて『撮りたい』と思ったものしか撮らない」という。今は“日々の記録”という考え方に変わってきたといい、「芸術とかアートとかではなく、日々の過ごした一部を残していく、というふうに最近は変わってきて。なんてことない写真を撮っています」という。自撮りをしないのは「自分はどうでもいい、というか……自分が見ているものが伝わったらいいな、と思います」と理由を明かした。


    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    https://www.instagram.com/yuinakuroshima/


    (出典 storage.mantan-web.jp)



    (出典 storage.mainichikirei.jp)



    (出典 www.cinra.net)


    【【料理】<黒島結菜>自粛期間中はお菓子作りに専念!!!噂の彼のためか?】の続きを読む


    黒島 結菜(くろしま ゆいな、1997年3月15日 - )は、日本の女優。沖縄県糸満市出身。日本大学芸術学部写真学科中退。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 3人姉妹の長女として生まれる。幼いころは芸能界を目指してはいなかったが、2011年、中学3年生のときに「自己アピール力をつけなさい」との
    53キロバイト (7,087 語) - 2020年6月18日 (木) 04:21



    (出典 geitopi.com)


    年の差カップルですね

    1 @木村カエレφ ★ :2020/06/19(金) 12:01:22.11 ID:wG3oe43H9.net

    大河ドラマ『花燃ゆ』で夫婦役を演じ、映画『カツベン!』でも共演! わずか650mの両家を歩いて行き来するアツアツぶり

    NHK大河ドラマ『花燃ゆ』での夫婦役が好評を博してから5年。
    若手実力派俳優の二人は、いつしかドラマの世界を超えて愛を育んでいたようだ。

    6月上旬の朝8時過ぎ、閑静な高級住宅街に、犬を散歩させる俳優の高良健吾(32)と女優の黒島結菜(23)の姿があった。
    二人で周囲を散策した後、高良は一人帰路についたが、帰ったのは黒島宅から徒歩8分ほどの高級マンション。
    しかも、その2時間後には、高良は着替えを済ませて再度黒島宅を訪れた。

    昼過ぎになると二人は再び姿を現し、近くのコンビニへ。少ししてコンビニを後にすると、突然の風が。
    コピーしたばかりの紙が飛ばされてしまった……。
    ここで、すかさず高良が足を伸ばし、なんとか靴の裏で紙を押さえることに成功した。
    高良の奮闘に黒島は大笑い。
    労ねぎらうようにカレ氏の腰に手を回すと、高良もまたカノ女の背中に手を置くなど、何ともいいムードである。

    ’13年に女優デビューした黒島は、NHKの土曜時代ドラマ『アシガール』などに主演し、昨年の大河ドラマ『いだてん』や朝ドラ『スカーレット』に抜擢された期待の実力派。
    今年3月には、周防正行監督の新作『カツベン!』で日本アカデミー賞新人俳優賞も受賞した。

    一方の高良は、’13年に『苦役列車』で日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞し、一流俳優の仲間入りを果たす。
    朝ドラ『べっぴんさん』や映画『シン・ゴジラ』にも出演し、その役柄の幅広さからカメレオン俳優と称される。

    「高良は『花燃ゆ』の共演がキッカケで知り合った黒島との関係を深めていったようです。『カツベン!』で共演した際には、二人の息がピッタリだと現場でも評判でしたね」(スポーツ紙記者)

    目と鼻の先に住んでおり、二人は頻繁に家を行き来している。
    それならいっそ同棲してもいいのではと、いらぬ世話を焼きたくなるが、そうもいかない事情があるようだ。

    「事務所は黒島さんを清純派女優として大事に育てており、恋愛するのは自由だが、同棲はさせない方針です。そこで高良さんと相談して、わずか650mしか離れていない近場にお互いが住み、頻繁に通う交際をしているのです」(黒島の知人)

    二人の関係について高良の所属事務所に尋ねると、

    「プライベートは本人に任せております」

    との回答だった。

    アツアツの関係を楽しんでいる二人。
    また夫婦役を演じるようなことがあれば、以前にも増して〝熱い〟演技を見せてくれるに違いない。

    6月19日発売の『FRIDAY』最新号では高良健吾と黒鳥結菜の様々なアツアツ・ツーショットを掲載し、二人の「通い愛」を詳しく報じている。

    http://news.yahoo.co.jp/articles/137b7518e885a62b3da9136a322ba1173ec98494

    高良は、免許証と通帳をコピーした黒島の背中を押しながらコンビニを退店。イチャイチャが止まらない二人だ


    黒島結菜

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    前スレ
    【FRIDAY】熱愛!高良健吾&「アシガール」黒島結菜 若手実力派俳優が650mの通い愛 [ストラト★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592468614/


    (出典 relaxmylife001.com)



    (出典 blog-imgs-142.fc2.com)



    (出典 pbs.twimg.com)


    【【熱愛】高良健吾と黒島結菜が通い愛!!過去にドラマで共演】の続きを読む





    黒島 結菜(くろしま ゆいな、1997年3月15日 - )は、日本の女優。沖縄県糸満市出身。日本大学芸術学部写真学科中退。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 3人姉妹の長女として生まれる。幼いころは芸能界を目指してはいなかったが、2011年、中学3年生のときに「自己アピール力をつけなさい」との
    53キロバイト (7,040 語) - 2020年5月8日 (金) 07:00



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    これは気になる(^^)

    1 ストラト ★ :2020/05/08(金) 14:57:25 ID:wGTlm1R49.net

    「私が若君様を守ります!」。
    女子高校生が、好きな相手を守りたいと全力で突き進む。
    そんな全力ヒロインを黒島結菜が演じるタイムスリップ・ラブコメディ『アシガール』(NHK総合)が好評だ。
    森本梢子の少女コミックを原作に、2017年にNHK総合テレビで放送された連続ドラマであり、評判を集めて1年後にはスペシャルドラマ版が放送された人気作。
    現在、『ディア・ペイシェント~絆のカルテ~』の放送延期を受けて、連続ドラマ版が4月17日より再放送中である。

    足の速さだけがとりえのおかっぱ頭の女子高校生・速川唯は、ある満月の夜、発明好きの弟が造ったタイムマシンを、そうとは知らずに起動させて戦国時代にタイムスリップしてしまう。
    足軽の唯之助として紛れ込んだ唯は、黒羽城の若君・忠清(伊藤健太郎)に一目ぼれ。女の身であることを隠したまま、愛する若君を守るために“アシガール”となって乱世を駆けめぐる! 

    現在、第3話まで放送され、5月8日には第4話が放送予定。
    凛々しい若君を演じきった伊藤健太郎の人気もさることながら、唯を演じる黒島に共感と応援の声が上がっており、17年放送当時に増して支持が強まっている。
    第3話で現代に戻った唯は、若君がまもなく合戦で命を落とすとの歴史を知り、「若君様を守るのだ!」と再び戦国へ。
    足軽となって戦へと出発するも、「これが戦……」と、実際に人が斬り合う様を目の当たりにして気を失ってしまった。
    ラブコメディの本作だが、戦国の世をきっちり描けるNHKだからこその、タイムスリップ物語への没入感を与えてくれた。


    本ドラマは、擦り傷もいとわず土で真っ黒になりながら山林を駆け、お腹を空かせて大根をかじり、その都度、感情をダダ洩れにしながら、「シャッ!」と気合を入れて邁進する唯をしっかり応援したくなる。
    これには黒島の体当たり演技の貢献が大きい。
    澄んだ瞳と意志の強そうな眉が魅力的で、なおかつ、周囲の心を柔らかく溶かし、若君こそが唯を守りたくなる可憐さを持ち合わせる。
    黒島の持ち前の瑞々しい魅力が十分に生かされ、その嫌味のなさが、同性からの支持へと繋がった。

    現在23歳の黒島は、2012年より芸能活動を開始し、14年に連続ドラマに初出演した柳楽優弥主演、福田雄一演出の『アオイホノオ』(テレビ東京系)で早くも存在感を発揮。
    翌年、映画『あしたになれば。』で映画初主演を果たした(小関裕太とのW主演)。
    16年に『時をかける少女』(日本テレビ系)で連続ドラマ初主演。20歳で当たり役となった『アシガール』の主演へと至った。
    昨年、今年と、大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK総合)での村田富江役、連続テレビ小説『スカーレット』(NHK総合)で話題を集めた松永三津役と好演を続けるNHKとの相性も良い。

    1996、97年生まれの同世代女優には、池田エライザ、三吉彩花、中条あやみ、杉咲花、松本穂香らがおり、それぞれに個性を放っているが、黒島の持つ親しみやすさと爽やかさは独自のポジションを築いている。
    現在、『行列の女神~らーめん才遊記~』(テレビ東京系)が放送中で、夏には『呪怨:呪いの家』(Netflix)が控える黒島。
    まだ23歳、役の幅も広がるこの先、その年齢になったからこそ似合う役でも楽しませてくれるに違いない。
    その前に、この機会に今は、唯と一緒に若君のカッコよさに目をハートにしながら、『アシガール』の世界にどっぷり浸ろう。

    (全文はコチラ)
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200508-00010004-realsound-ent

    NHK『アシガール』 黒島結菜

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    黒島結菜

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【NHK】黒島結菜主演のアシガール再放送中!!!】の続きを読む





    黒島 結菜(くろしま ゆいな、1997年3月15日 - )は、日本の女優。沖縄県糸満市出身。日本大学芸術学部写真学科中退。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 3人姉妹の長女として生まれる。幼いころは芸能界を目指してはいなかったが、2011年、中学3年生のときに「自己アピール力をつけなさい」との
    53キロバイト (7,094 語) - 2020年4月26日 (日) 16:16



    (出典 img.sirabee.com)


    全部カロリー高そうwwww

    1 湛然 ★ :2020/04/28(火) 05:13:37 ID:QhtAeQvD9.net

    4/27(月) 20:33 SmartFLASH
    黒島結菜、昼食を迷うと「ラーメン、とんかつ、カレーの3択(笑)」
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200427-00010007-flash-ent
    Copyright (C) 2020 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.



     日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞した女優の黒島結菜が、4月20日から放送開始の『行列の女神~らーめん才遊記~』に出演する。撮影に密着した本誌は、“最旬女優” の実態にせまるべく、本人に7つの質問をぶつけた!


              *

    ●Q1.芸能界デビューのきっかけは?

    「母が、地元・沖縄の雑誌モデルのオーディションに応募して。そのときに、いまの事務所の方がいらっしゃったのがきっかけです。最初は芸能界に興味はなかったんですが、受けていた演技のレッスンがすごく楽しくて。それでいろいろなお仕事をするようになりました。

     初めは、お仕事のたびに東京と沖縄を往復していたのですが、東京は人が多いし、ビルが高いし、電車が長い(笑)! よく上を眺めながら歩いてました。ホームシックにはならなかったですね」

    ●Q2.いまハマっている趣味は?

    「17歳のときに、高校を転校して上京しました。進学するか悩んでいたころ、ちょうど好きな写真を撮り始めて。『芸能界以外のことも知りたいな』と思っていたので、日本大学藝術学部の写真学科に入学しました。

     お仕事と学業との両立が厳しくて中退しましたが、いまでも写真は大好き。『ニコンF3』や『(プラウベル)マキナ』などを愛用しています。旅行には、気分に合ったカメラを1台だけお供にして、風景の写真をたくさん撮ります」

    ●Q3.仕事がオフのときは何をして過ごす?

    「まだ2回しか行ってないんですけど、ひとり旅がよかったです。予定は詰め込まず移動日だけ決めて、自分の気分で日程を決めるのが楽だなって(笑)。

     初めてのひとり旅は、カリブ海のキューバ。じつは私、1960年代・1970年代のアメリカの車を見るのが大好きで、中学生のころから、ずっと行きたかったんです。実際に行ってみたら、いたるところで音楽が流れてて、人が踊ってたのが楽しかった(笑)。

     2回めはスロベニアを8日間満喫! 次はポルトガルに行きたいです」

    ●Q4.今回のドラマはラーメンがテーマ。好きな食べ物は?

    「『お昼は何を食べようかな?』って迷ったとき、だいたい頭に浮かぶのが、ラーメン、とんかつ、カレー(笑)。その3択になることが多いです。とくにラーメンは大好きで、時間があいたときに、ラーメン屋さんを探したりしてますね。

     沖縄では、『ソーキそば』が普通に家でもご飯で出てくるから、ラーメンは身近な食べ物。けっこう、ガッツリ系の味が好きだったんですけど、ドラマでいろいろな味のラーメンを食べていたら、シンプルな味が好きになりました」

    ●Q5.現代劇に時代劇、映画にドラマ。どんな仕事が、いちばん好き?

    「全部好きなんですけど、時代劇はおもしろいなって思います。現代劇に比べて、着物を着て所作もあって、制限があるような気がしますよね? でも意外に自由で、所作で小さな感情が表現できたりして、表現の幅が広いんです。

     映画もドラマも大変な現場はありましたが、終わってみれば楽しい思い出ですね。宮藤(官九郎)さんの脚本(NHK大河ドラマ『いだてん』)は、自分で想像して自由に演じられたので、楽しかったです」

    ●Q6.もう一度共演してみたい女優、俳優は?

    「イッセー尾形さん! 『アシガール』(NHKの黒島結菜主演のドラマ)でご一緒して、なんて言っていいのかわからないぐらい楽しいんです(笑)。

     その後、2度共演していますが、一緒のシーンが一度もなくて。『スカーレット』(NHK朝ドラ)でも入れ違いで、“一緒にお芝居をしたい欲” が、どんどん高まっています。

     共演させていただいた女優さんは、本当にカッコいい方ばかり。私も『また共演したい』と思われる女優になりたいなって思います」


    (出典 news-img.dwango.jp)



    (出典 www.crank-in.net)



    (出典 www.crank-in.net)


    【黒島結菜、食べ物の好みがおじさんだったwwww】の続きを読む





    黒島 結菜(くろしま ゆいな、1997年3月15日 - )は、日本の女優。沖縄県糸満市出身。日本大学芸術学部写真学科中退。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 3人姉妹の長女として生まれる。幼いころは芸能界を目指してはいなかったが、2011年、中学3年生のときに「自己アピール力をつけなさい」との
    53キロバイト (7,094 語) - 2020年4月26日 (日) 16:16



    (出典 coconutsjapan.com)


    これは楽しみ!

    1 muffin ★ :2020/04/13(月) 12:15:44 ID:kn4GMrXg9.net

    https://movie.walkerplus.com/news/article/229972/

    2月に公開された『犬鳴村』がロングヒット中の清水崇監督がメガホンをとり、ビデオ版から劇場版、さらにはハリウッド版と世界中を席巻してきた「呪怨」シリーズ。Jホラーの一時代を築いた伝説的シリーズが初めてドラマ化されるNetflxオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」から、キャスト情報が発表された。

    『きみの鳥はうたえる』(18)の三宅唱監督がメガホンをとり、シリーズ初期から「呪怨」を作りあげてきた一瀬隆重と高橋洋が脚本を手掛ける本作。夜中に家のなかで聞こえる足音に悩まされていた新人タレントの本庄はるかは、そのことをテレビのバラエティ番組で知り合った心霊研究家の小田島に相談。それをきっかけに、様々な人々が呪いの連鎖に巻き込まれていく恐怖の物語が幕を開けることに…。

    主人公で心霊研究家の小田島泰男役を演じるのは、劇団「大人計画」の一員として多くのドラマや映画でコミカルな表情を見せる個性派俳優の荒川良々。そしてヒロインの本庄はるか役には『カツベン!』(19)での好演も記憶に新しい黒島結菜。ほかに里々佳、長村航希、井之脇海、柄本時生、仙道敦子、倉科カナなど、注目の若手俳優から実力派俳優まで幅広い顔ぶれが集結した。

    実際にあった出来事を参考に生みだされた「呪怨」シリーズで初めて、すべての起源となった“呪いの家”で起きた忌まわしい出来事の数々が明らかになる本作。全6話のドラマシリーズとして、今度はどんな恐怖を与えてくれるのか期待は高まるばかりだ。Netflixオリジナルシリーズ「呪怨:呪いの家」は2020年夏、世界190か国へ配信予定とのことで、続報に乞うご期待!
    続きはソースをご覧下さい


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 beauty-mommy.com)



    (出典 sudachiownpace.com)


    【【朗報】黒島結菜出演、呪怨が今夏にNetflixで配信!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ