女優@女子アナ速報

女優@女子アナ速報は、主にテレビ局の女子アナ・フリーアナウンサー・若手女優・ベテラン女優などの
専門まとめサイトです。2ch(5ch)・Twitterで話題になっている事をアップしていきます。たまにキャプ画像や美女に関するニュースも上げています。

    芸能

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    マツコデラックス(1972年〈昭和47年〉10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、ドラァグクイーン、女装タレント、司会者である。千葉県千葉市稲毛区出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。新聞のラテ欄やニュースサイトの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「マツコDX」と表記されることがある。
    46キロバイト (5,553 語) - 2020年8月27日 (木) 19:27



    (出典 nensyu.site)


    土地がないと厳しいよね

    1 フォーエバー ★ :2020/08/31(月) 19:06:26 ID:CAP_USER9.net

    タレント・マツコ・デラックス(47)が31日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜・後5時)にリモート出演。都心にお手頃価格のスーパーができることを希望した。

     お気に入りのショッピングセンターの話題になると、「都心にイオンとか(イトー)ヨーカドーとか、つくって欲しいんだよね」とマツコ。

     「今、みんな、そんなに高いものを買わなくなってきてるじゃない? ミッドタウンとか六本木ヒルズとかのショッピングセンターもあってもいいんだけど、1個くらいイオン的なものはあると、めっちゃ利用すると思うんだよね、みんな」と続けた。

     さらに「都心にいて、便利な買い物をしようと思うと、意外と困らない?」と訴えていた。

    8/31(月) 18:57配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f557cf5d8c705fb5de6123740a46cc141c3374be

    (出典 i.imgur.com)



    (出典 images.keizai.biz)



    (出典 www.eyecity.jp)


    ↓↓↓2ちゃんの反応がこちら! 【【発言】<マツコ・デラックス>「都心にお手頃価格のイオンやイトーヨーカドーみたいなショッピングセンターができてほしい!」 ←これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    西川 貴教(にしかわ たかのり、本名同じ、1970年9月19日 - )は、日本のミュージシャン、歌手、作詞家、俳優、声優、タレント、ラジオパーソナリティ、実業家。滋賀県彦根市生まれ、滋賀県野洲市育ち。所属事務所はディーゼルコーポレーション(業務提携パーフィットプロダクション)。血液型はA型。身長161cm。既婚。
    68キロバイト (8,499 語) - 2020年8月30日 (日) 05:09



    (出典 news.mynavi.jp)


    お幸せに!

    1 ひかり ★ :2020/08/29(土) 18:23:31.08 ID:CAP_USER9.net

     結婚したことを発表した歌手のT.M.Revolutionこと西川貴教(49)のお相手が元フリーアナウンサーのAさん(26)であることが29日、分かった。Aさんは妊娠はしていない。

     西川はこの日、報道各社に送ったFAXやツイッターで「かねてよりお付き合いをしておりました方と、本日8月29日に入籍いたしました。相手の方は一般の方ですので、名前や写真の公表は差し控えさせていただきます」と報告。今後については「公私共に邁進してまいりますので、変わらぬご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます」と更なる活躍を誓った。

     西川は99年にPUFFYの吉村由美と結婚したが、02年に離婚。今回が再婚となる。
    報知新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bdb946e15d18074a349ec1d347c443d2fc785334


    (出典 www.crank-in.net)



    (出典 trendnews-2018.com)


    【【おめでた】<西川貴教>の結婚相手は高身長元フリーアナウンサーの美女26歳!!!「妊娠」はしていないとのこと】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    石田 純一(いしだ じゅんいち、1954年〈昭和29年〉1月14日 - )は日本の男性タレント、俳優。本名、石田 太郎(いしだ たろう)。 東京都目黒区出身。血液型はA型。メロン所属、リクコーポレーション提携。 1954年1月14日、NHKアナウンサー・石田
    50キロバイト (6,860 語) - 2020年8月22日 (土) 05:23



    (出典 news.nifty.com)


    一回感染しているのに懲りないね。。

    1 幻の右 ★ :2020/08/27(木) 07:16:02 ID:CAP_USER9.net

    8月25日発売の「女性自身」が、石田純一が8月中旬に再びマスクなしで男女交えた宴会を楽しんでいたと報じた。

    記事によると
    高級イタリアンで知人男性と、若い女性3人を交えて深夜まで飲み、千鳥足で自宅へ帰っていく姿が撮られている。写真の男女は誰もマスクをしていなかった。

    「取材に対し本人は“僕1人で入って、1人で出てきたから。まったく関係ないです”と、たまたま1人で行った馴染みの店で、他の常連客とばったり会って飲んだことを強調していました。ただ、1人で夜食事に行くなんて、もしかしたら妻である東尾理子さんにご飯を用意してもらえないんですかね……」(女性誌記者)

    石田といえばもう説明不要だろうが、4月に新型コロナウイルスに感染し、一時重症化したが、無事退院。その後はノーソックスならぬ“ノーマスク”で宴会をしている姿を何度か撮影されている。

    その後も福岡で4泊5日のゴルフ&宴会を楽しみ25歳の女性をお持ち帰りした疑惑まで報じられた。

    さらにこれらの騒動は“闇の組織”の陰謀だという暴論を提唱し「俺を*うとしている」という謎の発言で、家族だけでなく事務所関係者もお手上げ状態。もはや四面楚歌ではないのだろうか。

    8月下旬に発売された「女性セブン」では、家庭の危機を問われた石田は、

    《あと1回(週刊誌に)載ったらアウトなんですよ。だからもう……》

    と弱音を吐いていた。早速その翌週に、別の女性週刊誌にバッチリと男女の宴会が撮られてしまった。

    「“アウト”という表現は、妻・理子さんに離婚されるということかと思いきや、女性自身の記者には“あとひとつ出たらダメっていうスポンサーがいる”と明かしたようですね。だから“記事を出さないで。訴えますよ本当に”と逆ギレしたようです。

    ただ、スポンサーがいなくなて、生活費も捻出できなくなるようなことになれば、おのずと理子さんの気持ちも離れていく可能性はあるかもしれませんよね。石田さんは今仕事がほとんどありませんから」(芸能リポーター)

    1人でイタリアンレストランを訪れたと話す石田。同席した女性も知り合いが呼んだことで、“1千パーセント関係ないです”と強気につっぱねている。

    「記者としては、女性との関係性を問題視しているわけではなく、コロナ禍にノーマスクでここまで立て続けに飲み歩いていることを指摘したかったのではないでしょうか。福岡での女性との密着写真が報道されてしまったので、石田さんはまた女性問題と追及されるのを恐れたのかもしれません。

    何が問題なのか、いまいち理解していないように見えます。しかし、この間まで“謎の組織に命を狙われている”と発言していた人間が無防備に連日、夜中まで飲み歩いているなんて矛盾していますね」(スポーツ紙記者)

    残り1回という「最後のチャンス」を撮られてしまい、“ゲームオーバー”となりそうな石田。本人は「あと一回でアウト」はスポンサーの意味だと説明したが、スポンサーだけでなく、沈黙を貫き続けている妻・理子は、どんな心中でいるのだろうか――。

    FRIDAYデジタル
    8/27(木) 7:02
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e5ea84cf4f61347663fe736b920e85f6f302d899


    (出典 www.asahicom.jp)



    (出典 www.urapachi.com)


    【【悲報】石田純一さん、またやらかしてしまう・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.crank-in.net)


    本当なの?

    1 ひかり ★ :2020/08/26(水) 04:33:17 ID:CAP_USER9.net

     8月22日配信の『FUJIWARA超合キーン』(YouTube)で、FUJIWARAの藤本敏史がディズニーシーで暴言を吐いたという噂の真相を語った。

     ネット上に「ディズニーシーでフジモンがショーの立ち見エリアで『お前、俺の前に立つな!』と暴言を吐いていた」という噂があるという。

     藤本はショーを見に行ったことは認めつつ、「『俺の前に立つな!』って、そんなこと、一切言ってません」と明かす。

     ショーを見ようと思って、ステージから離れたところに座っていたが、「前に人がワーッと立ってたんです。で、『すみません! ちょっと見えないので、座ってもらえますか?』」と丁寧にお願いしたという。

     ほかのゲスト(客)から「ここは立ち見エリアですよ」と指摘されたが、藤本は「知らんかったから、『すみません』って。そんな『俺の前に立つな!』って言うわけない」と真相を語った。

     また、「東京ディズニーランドでフジモンが勝手に撮影されていると勘違いして、突然携帯をつかまれて覗かれて『何もなかったらエエわ』とだけ言われ、謝罪もなかった」との噂もあるという。

     その話には「そんなことするわけないやん」と否定。ほかにも女性から写メをお願いされて「俺は*とは撮らん」と言ったとの説もあるが、藤本は「言うてないから(笑)。俺、けっこう撮るから」と気さくに撮影に応じることを明かしていた。

     コンビでYouTubeを開始した藤本。今後もどんな発言をしてくれるのか注目だ。

    FLASH

    https://news.yahoo.co.jp/articles/27ae7f4cfd763b0b82c97020a91205e48b7f20dc


    (出典 www.dailyshincho.com)



    (出典 sstland.jp)


    【【真相】藤本敏史、「ディズニーシー」で暴言を言ったという噂について真実を話す!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 d1h6vysjrii7nx.cloudfront.net)


    若い子好きだねぇwwww

    1 Time Traveler ★ :2020/08/26(水) 19:04:21.90

     人気タレント小島瑠璃子(26)との熱愛が発覚した、人気漫画「キングダム」作者の原泰久氏(45)。原氏は06年に結婚した妻との間に3人の子供がいたが、最近、離婚したとされており、「キングダム」ファンの間では小島との恋愛は“略奪愛”ではないかという声も飛び交っている。そんななか、原氏に小島以外の“彼女”がいたことが「週刊文春」の取材で明らかとなった。

    「『週刊ポスト』が小島と原氏の熱愛を報じたのは7月31日のこと。すると、その直後、元アイドルのAさんがSNSに『許せないことがあった』『5日間、食事ができない』などと書き込んだ。さらに、『キングダム』ファンから批判された小島が『誹謗中傷は終わりにして欲しい』とツイッターに投稿すると、Aさんはさらに『誰かを傷つけたことを知らないふりにするのは無責任』などと反論したのです」

     Aさんの知人が語る。

    「元アイドルのAさんは10代から大手芸能事務所に所属。テレビの仕事を通じて、原氏と親密な関係になりました。2年ほど前から本格的な交際に発展したと聞いています。当時、原さんには奥さんがいましたので不倫ということになります」

     Aさんは、「週刊文春」の取材に対し「芸能界を引退しているので、一切の取材にはお答え致しかねます。その姿勢は今後も変わりません」と強調したうえで、次のように説明した。

    「一時は感情的になってツイートしてしまいましたが、私のような人間が原泰久さんや小島瑠璃子さんを批判したり、人間の善悪を裁く権利はございません」

     小島の所属事務所に原氏との交際時期などについて聞いたが、「プライベートは本人に任せています」と答えるのみだった。

     原氏の代理人を務める弁護士は、Aさんとの交際などについては「質問事項はいずれにつきましても回答及び見解の披歴を控えさせていただきます」と答えず、小島との交際についてだけ「なお前妻との婚姻関係の継続中、小島瑠璃子氏とお会いしたのは昨年1月放送のテレビ番組における対談及び同年10月実施のイベント登壇の計2回のみ、その他には面談はもちろん、発信受信を問わず連絡もございません」と回答した。

     なぜAさんは、小島と原氏の熱愛報道に大きなショックを受けたのか。

     8月27日(木)発売の「週刊文春」では、原氏をめぐる小島、元妻、そしてAさんの「泥沼の四角関係」、Aさんがツイッターでつぶやいた悲痛な叫び、原氏の小誌直撃への対応、小誌取材後に相次いで削除されたSNSの中身など4ページにわたって詳報する。


    リンク先に画像あり
    https://bunshun.jp/articles/-/39869?page=1

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1598432393/


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 impression-life.com)



    (出典 www.crank-in.net)


    【【驚愕】キングダム作者・原泰久氏、こじるりと付き合う前に「元アイドル」とも付き合っていたwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ