比嘉 愛未(ひが まなみ、1986年6月14日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。沖縄県具志川市(現:うるま市)出身。ライジングプロダクション所属。 1986年、3人妹弟の長女として生まれる。高校進学のために通っていた塾の講師が芸能事務所の社長と知り合いで、身長も高かったことから2003年に
32キロバイト (3,949 語) - 2020年1月24日 (金) 05:02



(出典 www.crank-in.net)


足細すぎかな・・・

1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/04(火) 08:00:59 ID:NcICuxAr9.net

1月期のドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系)に、立会事務官・仲井戸みなみ役で出演中の女優・比嘉愛未が、
1月29日に自身のインスタグラムを更新。トレーニングの姿を収めたその投稿に驚きの声が上がっている。

「比嘉は、バランスボールを半分に切ったような半円状のトレーニングの器具の上に左足だけ乗せ、右手にボールを持ちスクワットを繰り返す動画をアップ。確かにこれはかなり難しそう。
ファンからはコメント欄に『す、すごいです!だからこんなにスタイルが良いのですね?』『バランス感覚すごすぎですね!!』など驚きの声が寄せられました」(エンタメ誌ライター)

特に注目を集めたのが「脚細い、、、、」「脚が~細くて羨ましい」など、美脚に関するコメント。
あまりの細さに中には「足細すぎて怖い! 怖い! 気をつけてね」「足細すぎて心配」などと言った声も上がった。

「比嘉の足の細さは、ネットでも度々話題になっています。沖縄出身の彼女は、高校時代にモデルとしてデビュー。だからそのスタイルの良さは折り紙付き。
その後、2005年公開の映画『ニライカナイからの手紙』で女優デビューしましたが、それから15年、変わらぬプロポーションを保っています」(前出・エンタメ誌ライター)

しかし比嘉は、どうやってこのスタイルをキープしているのか。

「比嘉はボクシングジムで、キックボクシングのトレーニングを行っています。彼女のインスタに、時折そのトレーニングの様子をアップ。
例えば2018年2月12日にアップされた記事では『#キックボクシング #3年目』とあり、彼女がキックボクシングを、長い間続けていることがうかがえます」(スポーツ紙記者)

他にも2016年8月に、同様にキックボクシングのトレーニングに励む動画をアップ。また彼女はバイクも趣味で、2013年3月22日のブログでは、
「今回も盛り沢山な里帰りでしたが、中でも一番の想い出は父とのツーリングでした♪」と、大型バイクにまたがりポーズを決めている写真もアップされている。
ネットでは「バイクが趣味だということから足が鍛えられたのではないか」という意見も上がっている。

女性の誰もが憧れる比嘉の美脚。あまりの細さに心配する声も上がっているが、どうやらこのアクティブさを見る限り、余計なお世話。
これからもぜひ“芸能界の美脚クイーン”として君臨して欲しいものだ

http://dailynewsonline.jp/article/2179891/
2020.02.04 07:15 アサジョ


(出典 media.image.infoseek.co.jp)


(出典 yuta0001.com)


(出典 image.news.livedoor.com)


(出典 i1.wp.com)


【【驚愕】比嘉愛未のインスタ動画が話題に・・・】の続きを読む