女優@女子アナ速報

女優@女子アナ速報は、主にテレビ局の女子アナ・フリーアナウンサー・若手女優・ベテラン女優などの
専門まとめサイトです。2ch(5ch)・Twitterで話題になっている事をアップしていきます。たまにキャプ画像や美女に関するニュースも上げています。

    石原さとみ


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年〈昭和61年〉12月24日 - )は、日本の女優。東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーディション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であ
    74キロバイト (8,878 語) - 2020年5月30日 (土) 11:16



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    さすがに先輩が勝ちとるかな?

    1 ひかり ★ :2020/06/04(Thu) 07:30:25 ID:Bx6itVyk9.net

     緊急事態宣言が解除され、テレビドラマの撮影が徐々に再開している。しかし、話は単純ではないようだ。

    「もともと各テレビ局は、東京五輪があるため、7月スタートの夏ドラマの苦戦を予想していました。そこで夏ドラマは話数を減らし、その一方で春ドラマに力のある作品を揃え、話数を増やして臨んだ局もありました」(テレビ局関係者)
     春の大作として用意されていたのは、『未満警察 ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)、『SUITS2』(フジテレビ系)、『半沢直樹2』(TBS系)、そして『BG~身辺警護人~2』(テレビ朝日系)だ。ところが五輪は延期され、
    春ドラマの撮影スケジュールは新型コロナの影響で、大幅に延期。いまだ放送が始まっていないドラマも多い。
    「基本対応としては、春ドラマの話数を大幅に減らし、夏ドラマの話数を少し減らし、秋からは通常通りに放送するというのが筋でしょう。ただ、力が入った大作は話数を減らさずに放送したいというのが局のホンネ。夏ドラマが大幅に話数を削られたり、
    最悪の場合、放送が見送られるドラマもあるそうです」(前出・テレビ局関係者)
     こうした再調整が、ある一面を際立たせることになったと話すのは、ある民放テレビ局の編成スタッフだ。
    「優先されるドラマ、後回しされるドラマが浮き彫りになりました。スケジュールの都合もあるでしょうが、出演者の格も大きな要因となります。今回のコロナショックで、図らずも“女優の序列”がバレてしまったといいますか…異例のことです」
     本誌・女性セブンは現段階で予定されている各局のドラマスケジュールを入手。そこからは視聴率最優先の超シビアな調整の結果が透けて見える。誰が優先され、誰が割を食ったのだろうか。
     この春、フジテレビでは木曜22時に石原さとみ(33才)主演の『アンサング・シンデレラ』を放送するはずだった。「同枠では7月からは関ジャニ∞の大倉忠義さん(35才)主演の韓国ドラマのリメーク、10月からは深田恭子さん(37才)が
    主演の続編ドラマ『ルパンの娘2』を予定しています。ただ、深田さんと石原さんをめぐって非常に微妙なことになっている」(フジテレビ関係者)

     同じ事務所の先輩後輩であり、ともに女性から人気が高い石原と深田。ほぼ同じ時期に交際が報じられたかと思えば、どちらも相手が若手経営者という点も共通していた。2人は昨年夏、主演ドラマが同クールに放送され、直接対決を果たしている。
    「深田さんの『ルパンの娘』(フジテレビ系)と石原さんの『Heaven?~ご苦楽レストラン~』(TBS系)との勝負でした。平均視聴率で軍配が上がったのは石原さんでしたが、大胆な衣装など話題性が高かったのは深田さんでした」(テレビ誌記者)
     甲乙つけがたい2人だが、今回のコロナショックでは深田優先で再調整が進められているという。
    「石原さんの『アンサング・シンデレラ』の放送時期は未定に、深田さんの『ルパンの娘2』は予定通りにという結論になりそう。石原さんのドラマは病院が舞台なだけに、ここ数か月で激変した状況が描かれていないと視聴者が白けないかと
    心配しているという表向きの理由もありますし、『ルパン~』はこの先に映画化も予定されている事情もありそうです。が、実際は最近の石原さん人気も関係しているでしょうね。シビアな話です」(前出・テレビ局関係者)
    ※女性セブン2020年6月18日号

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5dd0d0d802c3497ab606fdab9f2ce030e4e7567e?page=1
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5dd0d0d802c3497ab606fdab9f2ce030e4e7567e?page=2


    (出典 miniminimiutat.com)



    (出典 sasakinozomi-ouen.pink)



    (出典 www.crank-in.net)


    【【ホリプロ】深田恭子と石原さとみ…ドラマ枠の優先度でバチバチwwww】の続きを読む






    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーディション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列
    74キロバイト (8,875 語) - 2020年4月7日 (火) 23:18



    (出典 joy-music.jp)


    声の日なんてあるんだ!笑

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/08(金) 23:28:55 ID:GpX5Yh+R9.net

    5月8日の「声の日」にちなみ、音声合成技術を使って声のプラットフォームを展開する「コエステ」(代表:加藤信介)は、
    10~50代の男女1000人に声が好きな有名人についてアンケート調査を実施。男女別のランキングを発表した。

    男性部門は、2019年に続いて福山雅治が1位を獲得(得票数43)。「低くてセクシー」、「落ち着く」「本能があの声を求める」といった声が寄せられた。
    また、2位は36票の麒麟の川島明(36票)、3位は竹野内豊(33票)がランクインし、ともに「低音が好き」、「渋い」という理由が多かったという。また、10代と20代で1位となるも、
    総合で4位となったのは中村倫也、そして、佐藤健、玉木宏、菅田将暉、神谷浩史、森本レオ、阿部寛と続く結果に。

    票が割れた女性部門では、「かわいい」「ハキハキと聞き取りやすい」という石原さとみが1位を獲得(18票)。
    2位に新垣結衣(16票)、3位に天海祐希(14票)と続き、女性部門でも「声が低くていい」という回答が多く寄せられた。
    以下、4位には綾瀬はるか、5位に花澤香菜、6位に深田恭子&上白石萌音、
    8位に宇多田ヒカル&吉岡里帆、10位に佐倉綾音&橋本環奈&杏が同票というランキングとなった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e47acdd182a09150c3e6f4badb920569098225da
    5/8(金) 21:00配信



    (出典 i0.wp.com)



    (出典 Youtube)

    橋本環奈(Kanna Hashimoto) インスタライブ 2020-05-04


    (出典 www.biteki.com)



    (出典 pbs.twimg.com)


    【【声の日】石原さとみ、声が好きな有名人ランキング1位に!】の続きを読む


    綾瀬 はるか(あやせ はるか、1985年3月24日 - )は、日本の女優である。広島県広島市出身。本名は非公開。ホリプロ所属。 2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。 2001年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。
    67キロバイト (6,934 語) - 2020年3月28日 (土) 01:06



    (出典 4.bp.blogspot.com)


    思い浮かぶのは、小麦色の肌で体型が標準な人かな

    1 臼羅昆布 ★ :2020/03/28(土) 21:11:41 ID:k1XoI2SA9.net

    2020/3/28 19:00
    https://www.crank-in.net/news/75250/1

    今回のランキングは、「大和ネクスト銀行調べ」によるもの。
    全国の20歳~59歳の有職男女1000名に対して「ビジネスパーソンの健康づくりに関する調査2020」を
    実施した結果にもとづく。
    女優の綾瀬はるかが「健康的美人だと思う芸能人」の1位に輝いた。
    2位には新垣結衣、3位には石原さとみが続いている。
    4位には長澤まさみ、5位には菜々緒が続いている。
    続く6位は中村アン、7位は広瀬すずと北川景子が同率だった。
    9位は天海祐希、10位は土屋太鳳、米倉涼子が並んだ。


    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)


    (出典 www.crank-in.net)

    画像


    【【ランキング】健康的な女性有名人1位は誰だと思う?】の続きを読む


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーディション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列
    73キロバイト (8,843 語) - 2020年3月16日 (月) 13:51



    (出典 dogatch-static-data.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    出演者が豪華(´・ω・)

    1 muffin ★ :2020/03/22(日) 12:15:28.93 ID:MXscdtEv9.net

    https://news.mynavi.jp/article/20200322-1000483/

    女優の石原さとみが主演するフジテレビ系ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(4月9日スタート、毎週木曜22:00~ ※初回15分拡大)のポスタービジュアルが22日、公開された。

    薬剤部メンバーの“チーム感”が表現されており、みどり(石原)を中心に部長の販田聡子(真矢ミキ) 、副部長の瀬野章吾(田中圭)、刈谷奈緒子(桜井ユキ)、羽倉龍之介(井之脇海)、そして新人の相原くるみ(西野七瀬)が結束して働く様子が描かれている。ひとり、薬剤部メンバーではない小野塚綾(清原翔)は、少し離れた位置からみどりたちに優しいまなざしを送る。

    キャッチコピーは「患者の未来と、向き合っている。見えないところで、支えている。」。コンセプトカラーであるアイスグリーンを基調とし、ぬくもりと優しさにあふれたものになった。

    ビジュアルを手がけたのはアートディレクターの高尾裕司氏(環七グラフィック)は「アイスグリーンは再現の難しい色調なので苦労しましたが、爽やかで清潔感のあるポスターに仕上がったと思います」とコメント。

    野田悠介プロデューサーは「私たちが見かける薬剤師の姿は、カウンターで薬袋を受け取る瞬間が一番多いと思います。その姿にみどりを重ね合わせ、普段私たちが知ることのないカウンターの奥で、どう薬剤師が働いているのかをイメージしました。裏側には、見えないところで支えてくれている薬剤師たちのカッコ良さや信念があります。彼らの知られざる姿に希望を感じていただきたいです」と話している。


    (出典 news.mynavi.jp)



    (出典 happier-days.com)



    (出典 www.stsnarao.com)


    【石原さとみ主演、医療系新ドラマがこちら(※画像あり)】の続きを読む


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーディション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列
    73キロバイト (8,843 語) - 2020年3月8日 (日) 08:12



    (出典 music-life.fun)


    事情知らない人からしたらなんで石原さとみ?ってなるよねwwww

    1 臼羅昆布 ★ :2020/03/09(月) 13:57:50.32

    2020年03月09日 06時30分
    http://npn.co.jp/article/detail/200001989

    2月15日、東京五輪の聖火リレーのリハーサルが都内で開催された。
    長崎県の聖火ランナーを務める女優の石原さとみも参加した一方、「東京出身の石原が何で長崎県のランナーなんだ」と疑問視する声が日増しに高まっている。
    石原が長崎県の聖火ランナーに選ばれた理由を、『週刊新潮』(2月13日号)にて、県担当者がこう答えている。
    《基本条件にある通り、長崎県にゆかりのある方ということが条件になっています。石原さんの場合は10年以上前に仕事で被爆者の方に出会い、
     感銘を受けてその後、プライベートでも会いに行ったという経緯があった。これも、ゆかりと判断されたのです》
    こじつけも甚だしいが、長崎県では予想しなかった誤算が生じた。
    「薬物で逮捕された沢尻エリカに代わってNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の織田信長の正室・帰蝶役に抜擢された長崎県五島市出身の川口春奈が、
    回を追うごとに演技力が評価されて人気が急上昇。
    しかも、川口は郷土愛が強く、最近始めた自身のユーチューブチャンネルで、故郷の家族を訪ねる動画をアップ。
    五島市のPRに貢献しているのです。県民だけでなく大河ファンからも、“何で川口を走らせないんだ”という抗議の声が上がっているのです」(ドラマ関係者)
    ただ、石原側には聖火ランナーを譲れない裏事情があるようだ。
    今年4月から石原主演のドラマ『アンサング・シンデレラ』(フジテレビ系)がスタートする。
    「2018年の7月期に放送されたドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の平均視聴率が9.5%、19年7月期に放送されたドラマ『Heaven??ご苦楽レストラン?』
     (TBS系)の平均視聴率は8.6%と、石原が主演を務めたドラマが立て続けに一桁台を記録しているのです。聖火ランナーとして走ることが4月からの
     ドラマの宣伝につながりますからね。石原はどれだけ批判があっても、汚名返上のために一歩も譲らないでしょうね」(同・関係者)


    (出典 cdn.asagei.com)



    (出典 takiro-pj.com)



    (出典 www.universalhome.co.jp)


    【【東京五輪】長崎ランナーを巡り石原さとみと川口春奈がバトル】の続きを読む

    このページのトップヘ